フェザー

「神」って?

「神待ち」っていうと、なんだか宗教じみていますが、宗教などとは一切関係がありません。とはいっても、知らない人にとっては得体の知れないことかもしれません。
金がなくなり食べ物や泊まるところもないと行った家出少女が誰が助けてくれる人を探すのが神待ちで、こうした家出少女を助けてあげる人のことを「神」と言うのです。
そして、食べ物や泊まる場所を提供する代わりに家出少女はエッチを提供するのが一般的なのです。中には無償で少女を助ける男性もいるでしょうが、多くの男性はエッチを期待して少女を助けるわけで、こうした条件は前もって話し合っておくのがマナーです。
このように神と家出少女を結びつける場所がネット上で「SOSサイト」とか「神待ち掲示板」あるいは「家出掲示板」などと呼ばれています。内容は皆同じで、どうにもこうにも困ったという家出少女が神を探すため書き込みを行うのです。
「ネカフェに泊まり込んでいたけど金が底をついた」とか、「友達の家に泊まり込んでいたけど追い出された」など理由はさまざまですが、とにかく今晩泊まるところを急いで確保する必要があるわけです。
もちろん家出少女側も神を選ぶわけで、複数の神が登場すれば、条件も厳しくなるのかもしれません。だからいつでもどこでも神になれるわけではありません。それでも、若い女性と出会いたいと考えている人にとっては願ったりかなったりのシステムでしょう。
うまくすれば、困った少女を助けてあげるといういい人でもあるし、ついでにエッチもできるというわけですから、これまで女性との縁がなかなかできなかったという男性でも、わりと簡単に出会いが生まれるかもしれませんよ。

家出少女を家に泊まらせる

自宅にいながらネットを使って女性とお近づきになりたいと思っても、なかなか上手くいかないのが現状です。
そんな中で、泊まる場所もない家出少女を家に泊まらせることで出会うことができるというのです。これが「神待ち掲示板」で、家の近くで助けを求めている女性を掲示板で探して選び、連絡をすればよいのです。
そして、家出少女を家に連れて帰ることになるのですが、中にはタダで泊まらせてもらうかわりに「奉仕」を提供してくれる女性もいます。一方で、最初から「奉仕なし」を条件に神様を探す子もいます。
奉仕なしの場合は、セックスは期待できません。ただ、泊めてあげるだけです。見返りがないわけですが、世の中には親切な人がいるもので、だからこそ「奉仕なし」を条件にして書き込む女性がいるということなのでしょう。
掲示板を通じてある程度の約束事は済ませますが、細かいことまで取り決めるわけではありませんから、実際に家に連れて帰ると、いろいろ細かい注文をつけて神様を困らせる少女もいるといいます。
そんな少女がいるかと思えば、何もいわないのに洗い物をしたりしてくれる少女もいるそうです。家出少女にもいろんなタイプがいるわけですが、実際に会ってみないと判断できないわけですから、ここら辺は仕方ないと思うしかないのかもしれませんね。

神待ちするに及んだのか

どんな理由で神待ち女子が神待ちするに及んだのか・・・そんなアンケ-トを実施した神待ちサイトがかつて有ったのです。
ちなみにアンケ-ト結果を参照すると、ほぼ半数が「金銭面の援助目的」という回答だったとか。
続いて2番目が「食事を奢って貰いたかった」で、やはり食欲も大きなポイントなのでしょう。

衝動的に家を飛び出してしまったモノの、気づけば手持ちのお金が無い。
だからご飯も食べられ無いし、宿泊先も確保出来ない事に、後になって気づいて焦ってしまった・・・そんな感じなのでしょう。

ですがこれを男性側から検証すると、非常に危険な行為だと言えるのです。
食事を奢るところまではまだしも、お金を手渡してエッチすれば、これは援助交際の範疇となってしまいます。
もしも警察にバレれば検挙の対象となりますし、女の子がこの事実を逆手に取って、ゆすって来ないとも限らないのです。

ですから男性側としては、どんなに相手が可愛い女の子であっても、お金を手渡す行為だけは踏み止まらねばならないのです。

神待ち掲示板の実態

個人的に性欲は風俗で解消すればよいと思っているのですが、若い女性と普通にコミュニケーションしたいという欲求もありました。出会い系などを使ったりもしましたが、実際に若い女性と触れ合う機会には恵まれませんでした。
そこで登場するのが神待ち掲示板です。ここならわりと簡単に若い女性を家に連れ込めます。泊めてあげてご飯を食べさせてあげるだけなので、金も手間もほとんどかかりません。
彼女たちは困ってしまって追い詰められていますので、不安感を取り除いてあげれば簡単についてきます。精神的に弱っている子が多いので、焦らずじっくり話を聞いてあげるのがコツです。
ほとんどの子が数日間泊まって家に帰るか、どこか友達などのところへ去ってしまいますが、親切にしてあげると、すごく感謝されて、こちらとしても何かすごくいいことをしたようなすがすがしい気分に浸れます。
神待ちで拾ってきた子とそのまま付き合うこともあるという話しですが、個人的にはそういうことはまずないように思われます。かわいいタイプの子だったら、そのままいて欲しいとは思いますが、彼女たちにとって僕は神様なのです。欲望をあらわにするわけにはいかないんですよ。

神様にもグレードがあります

神待ちする家出少女達を救済する、文字通りの「神様」は、彼女達に食事をご馳走し、更に宿泊先まで与えてくれる存在です。
所持金も乏しく、身を寄せる場所のアテの無い家出女子からすれば、神様という表現以外、思い当たらない存在でしょう。

ですがそんな神様にも、ランクというのか、ピンからキリまで存在しているのもまた、どうやら現状らしいのです。
幸運な家出女子なら、それこそ高層マンションで夜景を眺めながら食事出来て、広く綺麗なベッドで眠りにつけるのです。
そんな神様は30~40代の、独身のエリ-トビジネスマンで、実は少し心寂しい男性なのです。
そんな神様は仕事が出来ますから、お金は十分持っていますから、家出少女からすれば本当に魅力的な存在で、
これをキッカケに同棲生活がスタ-トするなど、そんな神様と家出少女のカップル誕生も現実にあるとか?

対して不幸なパタ-ンが、ワンル-ムの汚れた部屋で、食事はカップ麺だけ・・・そんな神様を名乗る野郎に捕まるケ-ス。
不運を受け入れるのか、そこから逃げ出すのか、選択肢は2つですが、それでも行き場が無ければ感謝してお世話になってしまうのが、
家出少女の悲しい現状なのだとか。

ページ上部に